毎日使うものだからこそこだわりたい…タオルの選び方のポイントを紹介

毎日使うものだからこそこだわりたい…タオルの選び方のポイントを紹介

タオルは、日々の生活の中で必要不可欠です。手や体を拭く、汗を拭き取る、掃除では雑巾として使うなど、色々な場面で活躍します。

そんなタオルについて興味を持ち、こだわってみたいと思っている方に、今回はタオルの選び方についての情報を紹介していきます。

贈答品としてタオルを選ぶ時には、なんとなくデザインやブランドだけで選んでいる人も多いのではないのでしょうか。タオル選びの参考にしましょう。

タオル選びで重要なこと

タオル選びで重要なのは、良いタオルと感じる感触は人それぞれであるということです。タオルは、多種多様ですが、よく言われる良いタオルとされているのは、「吸水性」「速乾性」「耐久性」「肌触り」「清潔」が優れているタオルのことを指します。

さらに、性質として優れているだけではなく、使う人との相性が合うのかということも大切なポイントです。「厚みのあるタオルが好き」「猫のプリントタオルが欲しい」「洗ってもすぐ乾くものがいい」という好みが優先する場合もあり、使う人が満足するものが良いタオルと考えるのもいいでしょう。

タオルの種類で選ぶ

タオルを選ぶときに忘れてはならないのが種類で、色々なシーンに合わせて使い分けができます。それぞれのタオルの特徴を確認してみましょう。

バスタオル

バスタオルを選ぶ時に考えるのは、「サイズ」ではないでしょうか。バスタオルのサイズは主に、通常サイズと大判サイズと分けられます。通常サイズは、主に入浴後に体を拭く時に使用することが多いですが、子ども用の掛け布団に使ったり、野外のライブコンサートやキャンプでは体を包んだり、ビーチでは日焼け避けに使ったりと用途は様々です。

大判サイズは、ジャンボバスタオルと呼ばれています。なお毎日使うバスタオルのサイズは体の大きさで選ぶよりも、洗濯機の容量に合うタオルを選ぶといいでしょう。半乾きの時間をできるだけ少なくすることが清潔なタオルの秘訣です。小さめのバスタオルもあるので選んでみましょう。

フェイスタオル

フェイスタオルを選ぶ場合は「素材」を重視します。特に綿(コットン)素材が人気です。フェイスタオルは主に顔や手を拭くことで使用するため、肌触りと給水性のバランスが良く、使い勝手がいい素材が適しています。綿は、植物繊維の中でも日本では定番の素材で、肌触りが良く、給水性に優れているのでフェイスタオルにはおすすめの素材なのです。

ハンドタオル

ハンドタオルを選ぶポイントは「吸水性」「サイズ」「デザイン」です。吸水性についてですが、ハンドタオルの役割としては、手を洗う時の手拭きで使用し、汗拭き用としてハンカチ替わりに使用することが多いです。その場合には、できるだけ吸水性がいいものに越したことはありません。

また、外出先に持ちだすことが多いハンドタオルなので、気に入るデザインのものを選んでみましょう。サイズもいくつかあります。1辺の長さによって、ミニハンカチ・タオルチーフ・タオルハンカチと種類が区別されています。

日本の2大タオルで選ぶ

今治タオルと泉州タオルは、日本で代表的なタオルです。二つのタオルは製法が違い、それぞれの特徴を知っておけば、選びやすくなります。

今治タオル

今治タオルは、愛媛県今治市とその近郊で作られ、蒼者川の軟水を生かしています。今治タオルは「先晒し先染め製法」です。特徴として今治タオルは、固くなりにくい性質で、なおかつ吸水性が高いので、洗濯してもゴワゴワせずに肌触りが良いです。

泉州タオル

泉州タオルは、大阪から和歌山の間にある和泉山脈の軟水を生かしています。大阪府泉佐野市にて初めて日本人の手によって作られたタオルです。泉州タオルは、「後晒し製法」です。泉州タオルは、今治タオルと同じく吸水性があるのですが、柔らかく清潔感があるので、敏感肌や、赤ちゃんでも使いやすいタオルです。

用途に応じた厚みと重さで選ぶ

タオルの商品表示で見かける「匁(もんめ)」は、タオルの厚みと重さの単位です。この数値が大きければ大きいほど、ふっくらした厚みのある重みのあるタオルになります。フェイスタオルを選ぶ場合は、300匁前後くらいが理想で、重さで言えばおよそ60g~120gぐらいとなります。

ちなみに温泉で使うタオルは薄いタオルですが、160匁~180匁で、ホテルで使われるタオルは厚めのタオルはですが、260匁以上です。温泉のタオルが薄いのは、何度も温泉に入るので、タオルがすぐ乾くようにするためだといわれています。

また、温泉で体を洗う、浸かった時には頭の上にも乗せる、出たら体を拭くといったいろいろな使い方ができるように、薄いタオルを選びます。対して、ホテルのタオルは厚めのタオルが多いですが、温泉のようにタオルをたっぷりと濡らすことはありませんし、一度使ったら、洗濯・乾燥することが前提です。そのような利用方法に合わせて厚めの重いタオルを選んでいるのです。

まとめ

タオルを選ぶ前に、品質や素材などを知っておくことで、タオルの楽しみは広がります。自分なりの選び方にこだわってみるのもいいでしょう。タオル選びで迷って決まらないという場合には、オリジナルタオルを作成するのも1つの手段です。

こちらの「タオルの館 玉龍」では、様々なシーンで使えるオリジナルタオルをお作りいたします。お祭りや、学園祭、ライブなどのイベントのタオルから、粗品や記念品などで使用するタオル、バスタオルやミニハンカチまで取り扱っております。「タオルの館 玉龍」でオリジナルタオルを作成してみてはいかがでしょうか。お気軽にお問い合わせください。

ご相談・お見積りはお気軽にご相談ください

電話番号: 072-462-3445
メールでのお問い合わせ